映画の話

映画 覚え書き

ジェーンバーキンのサーカスストーリー

最初は、フォードの荒野の決闘から始まり、悪魔の往く街。拳銃魔。などのアメリカ映画のシーンの記憶がフェリーニの道と並走して次々重なっていく中で「アメリカ映画の中の一か八かの成功や名誉ある死なんて、アメリカが他国を鉄砲玉にしようとしてるだけですよ。死までの時間はもっと長い」みたいな人を食った温かいか冷たいかわからないオチで終わり、クールジャズとサンラみたいなサイケジャズが混ざったマイルスデイビスのブラックマジックみたいな悪魔っぽいjazzがゆるく流れて終わる。

フランス映画だった。

 

後、やっぱりジェーンバーキンで若い頃から老年期に至るまで赤塚不二夫のイヤミとか青島幸男意地悪ばあさんのAVみたいな感じなんだけど、毎回 意地悪婆さんなんだけど哲学者AV嬢であって、意地悪婆さんだと思ってすいませんでした。みたいな着地になるのが、今回 最期に「若い頃から意地悪婆さんやってきて人生に怯えていた時期もあったけど、今回のは嘘泣きでした〜ー」みたいなまさかの意地悪婆さんの本気の涙と思わせといて意地悪婆さんの乙女っぽい嘘泣き!どんだけ意地悪婆さんなんだよ?みたいな世界観がジャックリベットの介入で深みが増していた。これゆえのジェーンバーキンのサーカスストーリーというタイトルの意味に繋がってまりいます。この二人のコンビで地に堕ちた愛→美しき諍い女→この作品と、スーパーモデル意地悪婆さんからガチの意地悪婆さんに年齢が見た目に追いつくまでのレイヤーを楽しめるでしょう。みたいなフランス映画的なお洒落さ。なんだろうな。と思いました。

いわゆる泉ピン子の「ぴんこだち」ですよね?

(この一文は文脈的には完全に不要ですが、僕のフランス三ツ星レストラン修行時代に仲間のフランス人パティシエ達の声帯をさんざんに震わせ人生を豊かにするフランス料理のデザートの数々の隠し味のお供にしてきた僕ご自慢の渾身のウィットに富んだフレンチな笑いを!そのギャグを!講談師 伯山先生のラジオ番組において神田伯山先生の美声を通して!まさに今週!日本全国のお茶のまにーーっ!(このお茶の間にの「まにーーっ」の箇所は浜省のmoneyの感じで気分を出してお願い致します)広めて頂きたく 謹んであえて挿入させていただきました!)

 

結局そういう意味ではチャップリンもある意味アダルトビデオなんじゃないか?と思うし、いつか見直したいっすね。そういう風に捉えると、ゴダールも毎回AV女優に恋して毎回失恋してるAV監督みたいな側面もあるので、今回見なかったけどゴダールバーキンが組んだ右側に気をつけろ。どんな感じだったかな?って見直したいっすね。全く覚えてないっす。

だからフランス映画 京都人の全くぬけないAVみたいな感じだけど、よくよく考えたら 京都出身の芸人 上岡龍太郎宮川大輔も紳助もみんな性癖めんどくさそうですもんね。みたいな発見がありました。あと、最初にババアがエロい。ってなったのがマリーネディトリッヒからだけども邦画だと浪花千栄子が自分が初めてエロいな。と思った意地悪婆さん役者なんすけど、溝口健二祇園囃子でしたか?たぶん出身 京都っぽくないですか?あと浪花千栄子のお歯黒 最強っすね。

やっぱりぬけないAVについて考え続けて、最終的にぬけるようになるのが哲学なのかな?伊藤雄之助が中国人のスパイやってて小籔そっくりだったのも良かったしダウンタウンの犬のコントみたいになってる高倉健のメイクとの絡みも良かったっすね。AVで抜いちゃてるけど、よく考えるとコントの領域に入ってる事確かにありますね。そっからのさらにフランス哲学への飛躍といいますか...

日本映画について

結局、昔のしゃべくりセブンとか踊るさんま御殿とかのマニアックでない全体的に満遍なく薄いトークもバズーカみたいな不良のサブカルと格闘技番組も芸能界ゴシップの世界も鬱陶しくなって映画の世界にどっぷりハマってしまった。それにサブカルのクラブやレイブカルチャーやファッション、古着、文學みたいにセンスや頭の良さも必要ない。ただ、たくさん観れば良かったし。けど、結局 日活→vシネ→松竹→新東宝東宝ときて東映まで戻ってきた時に、高倉健とか鶴田浩司とか佐久間良子とか東映スター追っかけ始めた時に、踊るさんま御殿の前の恋のから騒ぎとかのさんまの番組のコンサバなモテる陽キャの価値観に戻ってるの皮肉なんですよね。結局 東映映画の見方でみるアランドロンとかロミーシュナイダーなんすよね。アランドロンありっすよ。アランドロンかよ?ってつっこまれたらシームレスに華麗なる一族仲代達矢みたいな顔に移行していって、そっからずっとブログでアダムドライバーやっても良いですし。火サスって子供の頃、専業主婦のババアが観るもんだと思っていたから。それに自分がハマり始めてきてるんすよね。そこで、やっぱ、どうしようもない沼にハマったな。と思うけども、やっぱり東映の画面 クールつうかカッコいいっすね。たぶんセンスいい人はブニュエルとか黒澤のドデスカデンとかまあだだよ所ジョージとか少しベクトルずらして、あっちに行くっすよね。

結局、東映からスターの後ろを追っかけまわすようになる。というか、追っかけまわされるようなスター映画が作られているというか。

 

いや、だから木下恵介とか観ると、ハッとさせられるというか。松竹の大元なんだけど、大林宣彦みたいな新東宝や日活のドロドロした感じと東映の凄い薄味な画面が同居してるつうか。

あと、成瀬も掘って良かったっすね。片岡千枝蔵と内田吐夢で吉本っぽい イワシたるみたいな時代劇とってる人の若い時の鶴八鶴次郎みたいな薄味の2枚目の旅芸人の話が萬屋錦之介博徒時代劇ものから梅宮辰夫のヒモまで変化していくっすね。

 

しかしまぁ、何処の段階で映画を観るのを止めるのか?やめられるのか?キリがないっすねー。ただ、最初から丹念に追っかければゴシップの何に自分が反応しているのか?わかってくると思う。それを突き詰めてくと、高倉健とか鶴田浩司。佐久間良子みたいなビジュアルの夫婦像を作っていけばネット民も大喜びっす。幸い今はPhotoshopもあるし。後は日常を地道に脚色していけば。日々の鍛錬っす。バズりたかったら、緑魔子とか梅宮辰夫みたいな派手でアクの強くて幸薄い顔を一瞬してみるのもアリですけど、恐らく これは絶対に続けられないでしょう。photoshopで捏造できないというか。急にアランドロンとかジェーンバーキンになったり外資系企業になって一瞬相手を撹乱してみるのもありだし、さらに日本政府にリベート渡したり吉本やジャニーズに悪評流したり競合企業潰したりするのも有りかもわかりません。なんの話なん?貧乏人には...「関係ないねっ!」柴田恭平です。貧乏人はお家に帰ってかかあのお井戸でも掘ってたら良いんとちゃいまっか?くわっはっはっはでお馴染みの浪速の恋の物語っす。

わが恋せし乙女

今日一番良かったっすね。昔の映画で画面がところどころ壊れてんだけど、ワザとかと思うくらい話の筋と符号してるんすよ。夕暮れ時の縁側でハライチの澤部そっくりの子役が姉ちゃんが不慣れな口紅ひいてる後ろの縁側でハーモニカ吹いてるのかほんと良かったっすね。

大林信彦っぽい怪談っぽさもありました

泣きました

悪党

悪党良かったっすね。色々良かったけど、やっぱ梅宮辰夫っすね。なんか画面ごしでも、ちょっと怖いんすよ。鶴田浩司が逆にはんなりしてるのもW効果です。あのナイトクラブのハワイアンみたいなのでゆるく踊る感じが東映のヤクザ映画のノリか?と思った。演出が派手過ぎないんですよね。そういう意味で高千穂ひずるくらいの顔の引きつり具合と美人顔圧力のバランスなんすよね。鶴田浩司を消さない程度の。たぶん道端ジェシカとかにしちゃうと画面めちゃくちゃになりますよ。だから緑魔子凄いな。と思ってしまうんですよ。顔の存在感めちゃくちゃ濃くて、体型は薄いんすよね。その分 服装がサイケなんすよね。他の東映スターは皆んなコンサバっすよ。やっぱスターいいっすね。

二匹の牝犬

牝犬も良かったっすね。少女漫画のトルコ嬢なんすけど、実際にあんな少女漫画みたいなトルコ嬢いるんだろうか?俺は、いそうな感じするんすよね。

あと妹に対してだけ 態度が下品なんすよね。そこが上品で、クラっとくるというか

そういう風なレベルのうぶな人向けに作ってる映画なんだろうと思う。

いや、小川真由美良かったっす。

小川真由美が預けた金 何もかも失いかけて無我夢中で杉浦直樹にむしゃぶりつくとこで思わず勃起しました

杉浦直樹の悪徳7:3横分けサラリーマンのずるさ具合も◯

砂漠を渡る太陽

伊藤雄之助風の谷のナウシカにでてくる悪役の小籔。みたいな漫画っぽい中国人スパイ役を見れた。だけでも良かった。金かかってるジブリ映画の東映実写版リメイクのオールスターコント映画いいっすね。ギャグに走りすぎず真面目に演技してんのがいいっすね。やっぱ東映の赤みがかってるのに寒色っぽく感じるグレーの画面いいっすよ。塚本信也のバレットバレエくらいか?東映の寒色グレーを青み入れた画面に進化させてますよね?六月の蛇でさらに進化させた東映ポルノっすよね。北野ブルーと違います。あれは野獣死すべしとかの日活のブルーです。日活じゃないすね。新東宝でもないし。見直したくなるな。興奮し過ぎて思わずおすぎみたいになってしまった。キンフーとか見直したくなりますよ。血斗ドラゴンにめちゃくちゃ画面似てた。

高倉健も出番短いけど、めちゃくちゃ漫画っぽいメイクやってた。ブラックジャックっぽい傷とか。

佐久間良子とかも漫画に出てくる中国人美人なんすね。

 

最後の方は、フォードの捜索者とか黄色いリボン、荒野の女たちの真っ青な画面なんだけど、あの古臭い趣きの画面をどう捉えるか?ですよね。僕は、あそこで前時代的な昭和末期の満洲を暗示させる演歌のノリに合わせようとしたけど馴染めなかった。たぶんマカロニウエスタン好きな人はあそこの旧ソ連体制映画っぽさハマれたと思う。

 

だから牝犬も良かったっすね。少女漫画のトルコ嬢なんすけど、実際にあんな少女漫画みたいなトルコ嬢いるんだろうか?俺は、いそうな感じするんすよね。

そういう風なレベルのうぶな人向けに作ってる映画なんだろうと思う。

浪速の恋の物語

ラジオを聴いていると、「初めて明かされるノリさんの真実!とんねるず誕生秘話!」......と

 

業務上過失運転致死恐怖症を常に抱え恐怖で震えながら運転している為に本日の僕の精神的な天気とか毎日の湿度に敏感に反応するようになってしまった僕の極めて敏感な福耳の地獄耳の鼓膜!

そんな僕の可愛い福耳のブラウンバニーなトルコ嬢のような鼓膜の!

その鼓膜の先端!先端カッティング エッジな状況を全く無視した広告が!広告アナウンスメンス情報がーー!

そんな精神状態で徳川幕府の如きお殿様レベルのお客様企業の大事なお荷物を運んでいる途中にーーにーーっ!にーーいっ!そんなお客様の大事な処女膜とも言うべき徳川埋蔵金に! 僕は!僕は手をつけてしまったんでーすぅ!デス!death!なーーんて馬鹿だなぁ?嘘に決まっているじゃないか?もちろんクライアントの事も...いや、それ以上に君の事も愛しているよ。で毎度お騒がせしますでお馴染みのwelcome to the jungle

番組の途中のCMの度にうざいほどの大音量で毎回流れてくる......

「JUST SAY NO DRUG WITH NO MUSIC!

JUST ROB IT! We Love it❣️(強盗とラビット関根をかけてます)」

 

それが直接の原因かはわからないが、最近ほんのりと2〜3年前のファミリーマートの店内の帝京平成大学のCMの記憶がロスサンジェルの極めて治安の悪い地区の上空を舞うヘリコプター音の幻聴と共に聞こえはじめるようになってしまった。(まあ、ファミリーマートの件はともかくヘリコプター音の方は恐らく思想強めの高須院長が実際に近所をヘリで徘徊しているせいだとは思うのだが...)

俺の中のベトナム戦争岸部シロー西遊記の再放送の記憶もまだ終わっていない!

 

しかし、よくよく考えてみると、ノリさんは元帝京大学附属高校のサッカー部だから、

 

これはバビロン陰謀論バリバリ ぶりぶり六本木パーリーナイト〜通称バリぶり隠し味で透明なテキーラに砕いたガラスの灰皿の破片を入れてラスプーチン限定シャンパテキーラとして違法販売していた店の海外メディアも注目する脱炭素化レストランの新たな試み!ノンフィクション奮闘記!の裏でまたも繰り返される第2の水俣病不都合な真実!...アルシンドになっちゃうよー

 

ではないのかも知れない。

 

浪速の恋の物語 内田吐夢にしては駄作だったが、前半1時間半くらいは、いかにも金かかった内田吐夢の時代劇でとても見応えがあって良かった。心中物なら心中天網島が今まで一番良かった。しかし、よく考えたら、この映画を後半退屈に感じたのは溝口健二近松物語と後半何もかもがほとんど一緒だったからだと思う。映画を観ていた時は、その事さえ忘れてただ次から次へと起こる場面が想定内である事にイライラした。あれも元ネタは冥土の飛脚だったか?そう考えると志ん朝の落語の特別番組も不思議で、志ん朝のCDも昔何本か聴いて「何これ?笑いのサプライズプレゼント何もねぇーしぃっと!」と思ってすぐに聴くのを止めてしまった。しかしサプライズ笑いを常に欲しがる客=幼くていもで下品みたいな事に自分に照らし合わせて毒蝮さんのラジオ解説にも実感があった。おそらく幼い客が下品にならないように誘導する作品として太陽が知っている。とかジェーンバーキンとかロミーシュナイダーみたいな女優の演技やフランス映画があるのだろうと思う。あの映画でアランドロンだけが一人で下品で画面から常に浮いていた。それが仲代達矢っぽかったが、仲代達矢は映画の中で常に周りより少しだけ上品な役が多い。アランドロンと仲代達矢はほぼ同じ表情と演技をしているのに正反対の社会的文脈になっていた。そこが、あの映画の透明感やミッシェルルグランのスコア。プールサイドの白い鳩やいきなりプールサイドから山本kidみたいな感じでアランドロンに飛び蹴りしながら顔面騎乗してくる黒いビキニのロミーシュナイダーと混ざって、かなり良かった。

要するに、メンヘラ=ナイーブって文脈でなくて、メンヘラ=下品みたいなフランス映画の社会的文脈がより階級社会を感じさせる事から来る透明感だった。

あと、途中にジェーンバーキンが自分で食ってるパンを練り消しみたいにこねくり回してロミーシュナイダーの前に2個 正露丸風のうんこみたいな感じで置いて「どっちのウンコがお好き?」

って聞いてロミーシュナイダーが左指したら

「わたしもそっち」

みたくニッコリするシーンも良かった。

あれがマリーアントワネット風ジャンヌダルク裁判 ヒッピーヘロインジャンキー。くまえり焼いても家焼くなルミネ ザ 吉本。なんすよね。

 

そういう意味で近松は、心中するものと商いを真面目にする奴意外ー吉原にいる奴皆んな下品。金儲けする奴遊ぶ奴も下品。人間全般に下品。そんな下品な民だから武家屋敷には間違いがあってはいけませんし、吉原の女は自分を捨てて虫のように社会に奉仕しているので上品。虫ゆえに上品。武家屋敷の社会的面子も納得。

みたいな逆噴射スカトロバキューム社会っぼくなってるなかで江戸の上品を表現するのは恐らく難しい仕事だろうと推測される

 

林家三平っぽい優男チュウベイがまさかの若い頃の萬屋錦之介なのが驚いた。中年以降の萬屋錦之介はほぼ梅宮辰夫ばりの顔面の迫力なので。